いろいろ出てくれたけど
2017/02/21(Tue)
18日、スッキリ晴れたものの結構強い風が吹いていて、覚悟の上で県北のラムサール湿地蕪栗沼に向かいました。
マガンの北帰行は始まっていて、到着するまでに見かけるマガンの数も激減してる感じです。

マガン170218b
マガン

マガン170218
マガン

到着してみるとやはりかなりの強風です。餌を探すヘラサギも背中の羽が風にめくれています。

ヘラサギ170218
ヘラサギ

遠くのヨシ原に世界的希少種ソデグロヅルがいました。しかし、いい所には出てこないうえに距離の遠さと強風でまともな写真はあきらめです。親子3羽で、左のオレンジの背中が幼鳥です。

ソデグロヅル170218
ソデグロヅル

遠くのヨシ原に浮き上がったチュウヒが、こちらに向かってやって来ます。

チュウヒ170218b
チュウヒ

比較的近くを横切って行きました。

チュウヒ170218a
チュウヒ

日没が近づき、ハイイロチュウヒのねぐら入りの時間になりました。最初にメスがやって来ました。しかし、もう暗くて遠くて・・・

ハイイロチュウヒ♀170218
ハイイロチュウヒ(メス)

しばらくしてオスも帰って来ました。

ハイイロチュウヒ♂170218
ハイイロチュウヒ(オス)

いろいろ希少種が出てくれた割には、これといった写真が撮れず、なんとなく消化不良で終わった感じです。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
久々海沿い
2017/02/14(Tue)
11日、宮城県南の亘理町から仙台まで沿岸地域を北上してみました。
亘理町の鳥の海では、海鳥など珍しい鳥が紛れ込んでないかと期待しました。すると1羽のクロガモのオスが直近に。海洋性のカモなのでここまで近いことはそうはありません。盛んに潜水をして餌を食べていました。真っ黒だと思ってたクロガモの顔は、かすかに白点が見られます。

クロガモ170211
クロガモ

水田地帯を通り、仙台に入ると冬鳥のミヤマガラスの群れがいました。その中に小さなコクマルガラスがわずかに混ざっています。成鳥説がある黒白の淡色型のそばに近づき過ぎると、黒い暗色型のコクマルガラスが怒られていて面白い光景でした。

コクマルガラス170211b
コクマルガラス

コクマルガラス170211a
コクマルガラス

人造湖を覗くと水際に2羽のシギがせわしく採餌をしていました。よく見ると比較的珍しいオオハシシギでした。

オオハシシギ170211
オオハシシギ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
イカル
2017/02/06(Mon)
2月5日は、東村山市内小学校の土曜講座で、MFで野鳥観察を行いました。
途中、予報通り雨が降り始め、雑木林はあまり歩くことができませんでしたが、鳥たちはゆっくり観察することができました。
中でも目玉はイカルです。MFでは珍しく10羽程の群れが入り、みんなの目の前でたっぷり姿を見せてくれました。白い体に大きな黄色い口ばし。エノキの実をパチパチ音をたて割って食べている様子は、児童たちにも強く印象に残ったと思います。

イカル170205
イカル
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
オシドリ夫婦
2017/01/30(Mon)
29日、穏やかな天気にどこに行こうか迷った挙句、一番成果が手堅そうな青葉山公園に出かけてみました。
お堀の大半は氷結していましたが、わずかな水面にオシドリのペアが1組いました。

oshidorip170129_convert_20170129202927.jpg
オシドリ(右手前がメス)

oshidori170129_convert_20170129202840.jpg
オシドリ(オス)

しかし、公園の中を歩き回ってもさっぱり目ぼしい鳥は見かけません。バーダーは結構見かけるのに・・・
かろうじてベニマシコのオスだけ撮影できました。

benimashiko170129_convert_20170129202718.jpg
ベニマシコ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
のんびり仙台MF
2017/01/24(Tue)
22日、MFの台原森林公園を冬鳥目当てにのんびり一回りしてみました。
森にはカラ類の混群が見られます。カラじゃないけど構成メンバー、日本最小の小鳥のキクイタダキがせわしく枝先を回って餌を探しています。

キクイタダキ170122
キクイタダキ

やはりカラじゃない構成メンバーのコゲラは、木の幹を突いて餌を探します。

コゲラ170122
コゲラ

正真正銘のカラ、ヤマガラは枯れ木をむしって餌を探していました。

ヤマガラ170122
ヤマガラ

林縁では小さな猛禽、モズのオスを見ることができました。

モズ170122
モズ

池では暮れに見られたオオバンがいました。警戒心が薄れていて、こちらに向かって泳いできてアクビ?までしてました。

オオバン170122
オオバン

そして驚いたのはユリカモメ。暮れにわずかに見られたものがなんと50羽程に増え、人の餌を頼りにすっかり定着していました。

ユリカモメ170122
ユリカモメ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
雪の中のダイサギ
2017/01/17(Tue)
15日、積雪の中で思わぬ小鳥に出会えないかと台原森林公園をのぞいてみました。ルリビタキなどいましたが、シャッターチャンスがなく、相手をしてくれたのはダイサギでした。
白い雪の中で白いダイサギだったので、近くにいたのにすぐには気づきませんでした。それにしても、真冬のこんな浅くて小さい水路にダイサギの餌なんているのでしょうか?

ダイサギ170115
ダイサギ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
寒波に負けず
2017/01/15(Sun)
この冬1番の寒波が襲来し、各地で大雪の予報が出ていた14日、宮城北部のガン類の渡来地周辺はそれ程天気は悪くなさそうです。半ば賭けのつもりで目当ての鳥を探しに行きました。
蕪栗沼に近づくと、周辺の水田地帯は雪に覆われており、たくさん見られたガン類もあまり見られません。牧草地で餌を摂っているマガンの群れがいました。

マガン170114
マガン

結局マガン以外のガン類は見つからず、蕪栗沼に猛禽類に会いに行きました。
ところが猛禽類も出が悪く、なんとか撮影できたのはノスリのみと寂しい成果になりました。

ノスリ170114
ノスリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
謹賀新年2017
2017/01/06(Fri)
1月6日、今年の鳥見初めに東村山MFに行きました。
この日も公園ではアトリが見られました。20羽程の群れで、地上に落ちているケヤキかカエデの種子を盛んに啄んでいて、しばらくはこの付近でも定着しているようです。

アトリ♂170106
アトリ(オス)

アトリ♀170106
アトリ(メス)

川ではキセキレイが、枯葉をひっくり返したりして餌を探していました。

キセキレイ170106
キセキレイ

河岸あたりでは、シジュウカラの小群が地上で餌をくわえて上の枝で突きながら食べる行動を繰り返しています。いったい河岸にどんな餌があるのでしょう?

シジュウカラ170106
シジュウカラ

林に入ると林床でミミズなどを探していたアカハラが、ちょうど樹上に上がってくれました。

アカハラ161231
アカハラ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
2016鳥見納め
2016/12/31(Sat)
大晦日はやはり東村山MFで鳥見の締めです。
最初に公園に寄ってみるとすぐにジョウビタキのオスが迎えてくれました。

ジョウビタキ161231
ジョウビタキ

でも今日の最大のターゲットは冬鳥のアトリです。昨冬は東北に大群が入りましたが、この冬は珍しく関東各地で見られてるとのとだったので、なんとか東村山でアトリを撮影したいと狙っていました。しかし、MFの公園には見られなかったので、すぐに後にして狭山公園に向かいました。
アトリは姿は見かけましたが、なかなか近くには来てくれません。シロハラなどはファインダーから飛び出るくらい近づいて来ました。

シロハラ161231
シロハラ

アトリはMFに戻って探そうかと準備を始めた途端、すぐ近くに30羽程の群れが舞い降りてきました。落ちている種子を一生懸命啄んでいます。東村山では8シーズン振りに撮影することができました。

アトリ♂161231
アトリ(オス)

目的は達したので、MFの林に戻りました。冬の常連アオジは今日も平気ですぐ目の前にいます。

アオジ161231
アオジ

今年はシメが多めに来ているようです。

シメ161231
シメ

日もかなり傾き、帰りしなにまたMFの公園を通りがかったところ、林から小鳥がパラパラ舞い降りたりしています。もしやと思ったらやはりこちらでもアトリです。今度は20羽程の群れが地面に落ちた種子に集まっていました。

アトリ♀161231
アトリ(メス)

それにしても、つくづく東村山の冬は鳥との距離が近いなと感じます。はるかに自然が豊かな仙台では、なかなか見たり近づいたりできないのに・・・
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
風が強過ぎ!
2016/12/26(Mon)
24日、今シーズン初めて県北のラムサール湿地、蕪栗沼に希少な冬鳥たちに会いに出かけました。青空は良い感じで広がっていましたが、間断なく強風が吹き続く厳しい状況です。
我が国有数のガン類の渡来地ですが、水面では多くの天然記念物オオヒシクイが昼寝の最中です。中にポツポツとハクチョウも混ざります。

ヒシクイG161224
オオヒシクイ

ヒシクイ161224
オオヒシクイ

対岸遠くには休憩中のヘラサギも見られました。ヘラ状の口ばしが特徴的です。

ヘラサギ161224
ヘラサギ

猛禽類はなかなかシャッターチャンスがなく、薄っすら栗駒山を背景に遠目のチュウヒが精一杯でした。

チュウヒ161224
チュウヒ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ