スプリング・エフェメラル
2010/04/10(Sat)
MFでは「スプリング・エフェメラル=春のはかない命」と言われる、春だけに姿を現す蝶が2種います。
そのうちの1種、ミヤマセセリは先日も確認しましたが、数がだいぶ増えていました。

ミヤマセセリ100410
ミヤマセセリ

もう1種のツマキチョウは今日初めて確認しました。なかなかとまってくれないので、撮影するのに苦労しましたが、なんとかタンポポで吸蜜するオスを撮影できました。翅の形が変わっているうえに、オスは先端にオレンジのワンポイントがありなかなか可憐な蝶です。

ツマキチョウ100410
ツマキチョウ

あちこちでいろんな花が咲き、吸蜜する蝶たちが見られます。
菜の花ではスジグロシロチョウが吸蜜していました。

スジグロシロチョウ100410
スジグロシロチョウ

ヒメオドリコソウではキチョウが吸蜜していました。

キチョウ100410
キチョウ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<アオゲラ | メイン | 珍客>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/96-40f2deca

| メイン |