ハクチョウ
2010/02/06(Sat)
木曜金曜と仕事で成田に行ったので、寄り道をして近くの本埜村でハクチョウを見てきました。
ハクチョウ渡来地に着いてびっくり。広大な水田地帯の中、ただ田んぼに水を溜めてあるだけなんです。
よくここに毎年ハクチョウが渡ってくるなと感心してしまいました。
このところあまりハクチョウの数が多くないらしく、メインのコハクチョウは30羽程です。

コハクチョウ100204
コハクチョウ

時折飛び立っては、戻ってきたりもしていました。

コハクチョウ100205
コハクチョウ

コハクチョウとは、口ばしの模様で区別できるオオハクチョウも10羽程いました。

オオハクチョウ100204
オオハクチョウ

両者が一緒にいると、オオハクチョウのほうが一回り大きいのがわかります。

ハクチョウ群100204
中央やや大きいのがオオハクチョウ

おまけのタヒバリが数羽、やけに馴染んでいて良いモデルになってくれました。

タヒバリ100205
タヒバリ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<強風の中で | メイン | 月間最多>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/86-324380f3

| メイン |