ツマグロヒョウモン
2016/11/18(Fri)
13日は久しぶりに暖かく穏やかな小春日和でした。でも、既に0℃近くに冷え込んだ日が何日かあったので、もう台原森林公園では虫たちは、ほとんど見られないかなと思いながら歩いてみました。
成虫越冬するキチョウは、このような陽気ならいくつか姿を現します。

キチョウ161113
キチョウ

やはり成虫越冬するウラギンシジミも姿が見えました。一方、先日多かったアキアカネは、生き残っているのはごくわずかのようです。
枯れた芝生の上にオレンジの蝶が見えました。キタテハかと思い近寄ると、なんとツマグロヒョウモンです。南方系の蝶なのに、秋も深まったこんな時期にまだ生き残っていたのは驚きです。しかも比較的新鮮な個体です。この日、成虫で越年できない蝶の確認は、唯一ツマグロヒョウモンだけでした。仙台あたりは、土着したのは最近のことですが、随分寒さの耐性を身に着けたものです。

ツマグロヒョウモン161113
ツマグロヒョウモン
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<最後はアキアカネ? | メイン | 今年はどんな野鳥が>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/487-12cb6754

| メイン |