蒲生は賑やか
2016/10/13(Thu)
2日、何かいればラッキーと軽い気持ちで蒲生干潟に行ってみました。
干潟を見渡すと前回と違い、結構渡り途中のシギ・チドリの姿が見られます。多くはツンドラ地方等で繁殖を終え、これから南国で越冬するため去って行きます。
まず、大きなオオソリハシシギがいるのがわかりました。

オオソリハシシギ161002
オオソリハシシギ

水際ではミユビシギやハマシギが餌を探しています。両種とも蒲生で越冬するかもしれません。

ミユビシギ&ハマシギ161002
ミユビシギ&ハマシギ(両端)

大きなチドリのダイゼンが近くまで寄って来ます。

ダイゼン161002
ダイゼン

蒲生で繁殖、越冬が見られるシロチドリが、数は最も多いでしょうか。

シロチドリ161002
シロチドリ

冬羽になり、シロチドリと紛らわしいメダイチドリは南方に去って行きます。

メダイチドリ161002
メダイチドリ

少し離れた水域にはセイタカシギがいました。名前の由来となった異様に長い足が特徴的です。

セイタカシギ161002
セイタカシギ

蒲生の近くの人口の池沼には、前回見損ねたツルシギがいました。すぐそばまでやって来て、赤い足が印象的です。

ツルシギ161002
ツルシギ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<頑張る秋の蝶 | メイン | 森の秋>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/482-0a8c5309

| メイン |