アカトンボはどこ?
2016/09/23(Fri)
9月17日は東村山の小学校の土曜講座でした。この日のテーマはアカトンボを主としたトンボ観察です。
北山公園の空にはたくさんのウスバキトンボが飛んでいましたが、天気が良過ぎたせいか児童の網が届く範囲には降りてきませんでした。
次いでシオカラトンボが多く、似ているオオシオカラトンボも少数見られました。

オオシオカラトンボ160917
オオシオカラトンボ

川沿いにはハグロトンボが見られました。

ハグロトンボ160917
ハグロトンボ

かんじんのアカトンボは、アキアカネがそこそこ見られました。しかし、それ以外のアカトンボが全く見られません。終了後にマユタテアカネを見つけたのが唯一でした。

マユタテアカネ160917
マユタテアカネ

それにしてもアカトンボたちはいったいどうしてしまったのでしょう? あんなにいたアカトンボたちが、年々種類も個体数も減少し、普通に見られたノシメトンボすら見られなくなってしまったとは・・・。最近、公園の大半を占める菖蒲田の水が早々に抜かれてしまうことが原因でしょうか?
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<まだまだ元気なヒョウモン類 | メイン | 八国山たいけんの里 -夜の昆虫観察会->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/478-d6fb9067

| メイン |