まだまだシギたち
2016/05/28(Sat)
22日は、もう渡りのシギたちには遅いかなと思いつつ蒲生干潟に行ってみました。
干潟を見渡すと、意外にまだ北国への旅の途中のシギたちがパラパラと見えます。
キアシシギが最初に近くで出迎えてくれました。

キアシシギ160522
キアシシギ

お腹の黒い夏羽になったハマシギは、小さな群れで餌を探しています。

ハマシギ160522
ハマシギ

スズメ程の小さなシギ、トウネンの夏羽は上半身が赤っぽくなります。

トウネン160522
トウネン

くちばしが上に反り返るソリハシシギは、2羽で行動しています。

ソリハシシギ160522
ソリハシシギ

砂浜が背景だと見つけにくいチュウシャクシギも2羽いましたが、それぞれ別行動をとっていました。

チュウシャクシギ160522
チュウシャクシギ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<貴重なため池 | メイン | 春のハナムグリたち>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/465-bddea4ea

| メイン |