卵がいっぱい
2016/04/22(Fri)
16日(土)、今年のヒメギフチョウも見納めかと思い、昨年見つけた仙台市青葉区郊外の発生地に出かけてみました。
1年前の同時期は満開だったカタクリの花は、今年はピークを過ぎていました。それでもヒメギフチョウはそこそこ見られ、翅の破損もほとんどない個体も多く見られました。
カラフルなヒメギフチョウですが、林床の落ち葉等とほどよく同化していて、林内を歩いていると突然足元から飛び立つことが度々ありました。

ヒメギフチョウ160416b
ヒメギフチョウ

しかし、定番のカタクリ吸蜜写真はワンチャンスしかなく、構図など考える余裕もないままになんとか撮影成功しました。

ヒメギフチョウ160416a
ヒメギフチョウ

幼虫の食草のウスバサイシン(トウゴクサイシン)も点在していましたが、既に片っ端からヒメギフチョウがグリーンのパールのような卵を産み付けていて、いったい食草が足りるのだろうかと心配してしまいました。

ヒメギフチョウ卵160416
ヒメギフチョウの卵
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<夏鳥が来た | メイン | 今年も姫>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/459-3844ed67

| メイン |