同じ所に2種のフクロウ
2016/02/29(Mon)
最近、フクロウカフェなるものがはやってるようですが、27日は仙台市内に出現している本物のフクロウを見に行ってみました。
最初に見たのは普通に人が通りかかる木立の中にいたトラフズクです。耳のような長い羽毛が特徴的です。日本でも繁殖しており、冬には小さな集団で暖地の樹上で休んでいるのが見られることがあります。

トラフズク160227a
トラフズク

少し離れた並木にも2羽のトラフズクがいました。こちらはずっと目を閉じたままで昼寝しているようです。

トラフズク160227b
トラフズク

そして驚いたのはこの同じ並木のすぐそばにコミミズクがいたのです。トラフズクとコミミズクが一緒に越冬するなんて聞いたことがありません。それに草原のフクロウのコミミズクが木立の中で休んでいるのも珍しいことです。シベリア等で繁殖し、日本には冬鳥として渡来します。時折あたりを見回して、黄色い目が印象的です。

コミミズク160227
コミミズク
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<お彼岸の蝶 | メイン | 至難のカリガネ探し>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/454-1dc9180e

| メイン |