山地の蝶を求めて-2
2009/07/12(Sun)
さて、次にシジミチョウ以外の蝶です。
路上ではタテハチョウの仲間など多くの蝶が吸水していました。
きれいだったのはコムラサキ。光の具合によって紫に輝きます。
ヒョウモン類はまだ発生していないのか、見られたのはミドリヒョウモンだけでした。
林縁にはスジグロチャバネセセリやコジャノメがいました。
意外だったのは林の中で会ったクロコノマチョウ。南方系の蝶がこのような標高の高い所にいるとは思いませんでした。

コムラサキ090711
コムラサキ

ミドリヒョウモン090711
ミドリヒョウモン

スジグロチャバネセセリ090711
スジグロチャバネセセリ

コジャノメ090711
コジャノメ

クロコノマチョウ090711
クロコノマチョウ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
<<湿地の鳥 | メイン | 山地の蝶を求めて-1>>
コメント
- クロコノマチョウ -
山梨県の蝶楽しませていただきました
オナガシジミ見たことが無い蝶ですが狭山丘陵で
会った男性はこのオナガシジミを飼育していると
言っていました
クロコノマチョウはどんどん生息域を広げているのでしょうか?
私は昨年始めて見た蝶です
2009/07/13 21:50  | URL | あかね #-[ 編集]
- Re: クロコノマチョウ -
あかねさん、こんにちは。
オナガシジミは翅の表はじみですが、裏は同じ蝶と思えない程きれいですね。
温暖化のせいか、クロコノマチョウをはじめ南方系の蝶がどんどん北上してきて、生態系への悪影響が心配です。
2009/07/13 22:40  | URL | ビーTN #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/45-7428a284

| メイン |