意外ににぎやか
2015/12/19(Sat)
13日、この時期あまり期待はできませんが、何か変わった鳥に会えないかと蒲生干潟に行ってみました。
干潟には結構多くのシギ・チドリが見られました。ほとんどはハマシギで、このままここで越冬するのでしょう。

ハマシギ151213
ハマシギ

大きなチドリ、ダイゼンも少数が見られました。

ダイゼン151213
ダイゼン

思いがけず1羽のエリマキシギがいました。本来ならもう南方に渡っているはずなのに、蒲生干潟の居心地が良いのでしょうか?

エリマキシギ151213
エリマキシギ

比較的近くの水面にはシベリア付近からやって来たホオジロガモのペアが浮かんでいました。しかし、私を避けるようにオスはさっさと遠くに飛んで行ってしまいました。

ホオジロガモ♂151213
ホオジロガモ(オス)

一方、取り残されたメスは逃げることなく潜水をして餌を探しています。

ホオジロガモ♀151213
ホオジロガモ(メス)

河口の上空には魚を狙うミサゴがずっと旋回しています。時折かなり私のそばまでやって来ます。

ミサゴd151213
ミサゴ

結局ハンティングは一度しか見られず、それも失敗で手ぶらで水面から飛び立ちました。

ミサゴb151213
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<この日は水鳥 | メイン | フレンドリー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/443-20f02481

| メイン |