希少ガン類3種
2015/11/30(Mon)
宮城県北部のラムサール湿地、蕪栗沼周辺には今シーズンも多くのガン類が越冬に集結しています。28日はそれらに会いに行ってきました。
目的地に向かって北上するうちに、ガン類の姿がちらほら見えるようになってきます。美里町に入ると水田地帯であっさりこの日の目的の1つ、シジュウカラガンの群れに会うことができました。コハクチョウと混ざって一生懸命落穂を漁っていますが、随分大きさが違います。シジュウカラガンは繁殖地の千島列島から渡来しますが、種の保存法に指定され、環境省レッドリストでも最も希少度の高い絶滅危惧ⅠA類にランクされています。

シジュウカラガン&コハクチョウ151128
コハクチョウ(左)とシジュウカラガン

シジュウカラガン151128
シジュウカラガン

さらに蕪栗沼に向かって北上すると、大崎市の水田地帯ではマガンの群れの中に1羽のハクガンを、これも意外にあっさり見つけました。まだ見たことのない鳥で、この日の最大の目的です。蕪栗沼~伊豆沼の広大なエリアに1~2羽飛来しているらしいという事前情報だったので、会える可能性はかなり少ないと思っていたので本当にラッキーでした。ツンドラ地帯から越冬のため南下してきますが、マガンより一回り大きく、お気に入りの1羽のマガンとくっ付いて行動していました。ハクガンも環境省レッドリストで最も希少度の高い絶滅危惧ⅠA類にランクされています。

ハクガン&マガン151128
マガンの中のハクガン

ハクガン151128
ハクガン

蕪栗沼に着くと周りの田んぼや上空に多くのマガンが見られます。この一帯に万単位で渡来しているのでありがたみを忘れてしまいそうですが、国の天然記念物で環境省レッドリストで準絶滅危惧にランクされています。

マガン151128
マガン

広大なヨシ原には、このような環境に生息する猛禽類のチュウヒが飛んでいます。やはり、環境省レッドリストで絶滅危惧ⅠB類にランクされる希少種です。

チュウヒ151128
チュウヒ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<なんか変! | メイン | カモはどこ?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/439-4bb52c18

| メイン |