カニ食べ放題!
2015/10/29(Thu)
10月18日も蒲生干潟に渡りのシギ・チドリを見に行ってみました。干潟を見渡して唖然、満潮のピークで干潟がほんの少ししか現れていませんでした。
これではシギ・チドリもどこかで休息していて、見ることはできないなとあきらていたのですが、海水に覆われた干潟を双眼鏡で覗くと、中ほどの浅い所で休息している群れが見えました。

シギチドリ151018
シギ・チドリ

しかし、これでは遠くて満足な写真は撮れないなと思っていたら、結構な数のシギ・チドリたちがこちら側の狭い干潟で盛んに採餌しているではありませんか。よく見ると干潮時にはほとんど見られないカニたちがたくさんいます。シギ・チドリたちはこれを狙っていたのです。しかも警戒心があまりなくて近くに来てくれます。
繁殖期には華麗なエリマキで飾るエリマキシギが今は地味な冬羽です。狙われたカニははさみを振り上げて威嚇しています。

エリマキシギ151018a
エリマキシギ

しかし、抵抗むなしく簡単に捕まってしまいました。

エリマキシギ151018b
エリマキシギ

こちらではまさに今、オバシギがカニを捕まえています。

オバシギ151018
オバシギ

あちらでもダイゼンがカニをくわえています。

ダイゼン151018
ダイゼン

ハマシギも体の割に大きなカニと格闘していました。

ハマシギ151018
ハマシギ

まさしくカニの食べ放題ですが、これから東南アジアなどへ渡って行くシギ・チドリたちは、たっぷり栄養を取らなければなりません。
アオアシシギも歩き回っていましたが、カニを捕まえているところを見ませんでした。カニは好きじゃないのかな?

アオアシシギ151018
アオアシシギ

体の大きいオグロシギはずっと海水の中で餌を探していました。この時期に上半身が赤い夏羽を見られるのは珍しいことです。

オグロシギ151018
オグロシギ(手前が夏羽)
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<まだまだ元気 | メイン | まだ大丈夫でした>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/435-c36b5408

| メイン |