東村山土曜講座-トンボ
2015/09/28(Mon)
9月19日、トンボをテーマにした東村山の小学校の土曜講座でした。北山公園で毎年この時期に、特にアカトンボに注目して実施していますが、10年程前に比べるとアカトンボの個体数が随分減った気がします。
最近よく言われていることですが、ここでもアキアカネにその傾向が顕著なようです。この日捕獲・観察されたトンボはシオカラトンボが最も多く、他にもそれなりにでてくれて児童には良い経験になったと思います。

ミヤマアカネ150919
ミヤマアカネ

オオシオカラトンボ150919
オオシオカラトンボ

講座終了後、公園を歩いていると、菖蒲の仮置き場にアオサギがいます。こんな所で何を狙っているのかなと思っていると、今度は脇の林にゴイサギの若鳥が舞い降りてきました。

アオサギ150919
アオサギ

ゴイサギ150919
ゴイサギ

どうやらサギたちの良い餌場になっているようです。いったい何が狙いか探ってみると、今年カエルになった小さいウシガエルがたくさんいます。特定外来生物ウシガエルは最近増加が目立ち、北山公園の生態系に大きな脅威となっており、これを退治してくれるサギ類は大歓迎です。
一方、田んぼには環境省・東京都のレッドリストに該当し、東村山では最も絶滅の危機に瀕している生き物であるトウキョウダルマガエルがかろうじて生きのびていて、早急な保全策を必要としています。

トウキョウダルマガエル150919
トウキョウダルマガエル
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<いそうでいない | メイン | 秋のトンボ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/431-901dda5a

| メイン |