渓谷のゼフィルス
2015/07/29(Wed)
12日、山形県境に接する仙台市の二口渓谷を歩いてきました。県境峠のゲートまで往復10km、標高差400mの林道を踏査するなかなかハードなコースです。
車を降りると迎えてくれたのはシマヘビでした。まだ小さく草の上に乗っています。

シマヘビ150712
シマヘビ

登り道では10時過ぎに2頭のエゾミドリシジミのオスが路上で吸水していました。場所を変えるために飛ぶと、緑のきらめきが点滅するようです。

エゾミドリシジミ150712
エゾミドリシジミ

すぐそばでフジミドリシジミのメスも吸水していました。

フジミドリシジミ150712
フジミドリシジミ

お昼前後には標高1000m程の峠付近で、あるジャノメチョウを探索してみましたが見つかりませんでした。一帯はブナが優占する樹林ですが、林道工事で改変が進んでいます。
下り道では小さな沢に張り出した枝先で、15時頃にメスアカミドリシジミのオスが占有行動をしていました。

メスアカミドリシジミ150712
メスアカミドリシジミ

同じ頃、やや高い樹上ではたくさんのエゾミドリシジミのオスが卍巴飛翔を繰り広げていました。この日は全体的に蝶の種類は多くなかったのですが、ゼフィルスだけは比較的よく見られました。
最後に車に戻る直前、今度は離れた対岸からアナグマが見送ってくれました。

アナグマ150712
アナグマ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<会えなかったけど・・・ | メイン | 七北田川源流域>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/424-f09641b2

| メイン |