姫の産卵
2015/04/25(Sat)
今年はヒメギフチョウの発生が例年より早く、もう見るのは厳しいかなと思いつつ、19日はちょっと寒めの仙台市青葉区の県境方面に出かけてみました。
一昨年、ヒメギフチョウがいそうな環境だなと思っていた所を目指して歩きます。残雪もわずかに残り、まだ大丈夫かもと期待を抱きます。するとやはりポツポツとヒメギフが姿を現し始めました。カタクリの密度が比較的高いエリアに狙いを絞ると、数匹のヒメギフが舞っています。

ヒメギフチョウ風景150419
ヒメギフチョウ

定番のカタクリの吸蜜写真もしっかり撮ることができました。

ヒメギフチョウ150419
ヒメギフチョウ

カタクリの咲く同じ林床には、ヒメギフの幼虫の食草、トウゴクサイシン(ウスバサイシン)も生育しています。運良くちょうど産卵シーンに遭遇しました。

ヒメギフチョウ産卵150419
ヒメギフチョウ(産卵)

トウゴクサイシンの葉裏には、薄緑に輝く真珠のような卵がありました。トウゴクサイシンの根元には、地味な花も開花していてちょうどツーショットになりました。

ヒメギフチョウ卵&トウゴクサイシン150419
トウゴクサイシンとヒメギフチョウ卵
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<やっとセンダイムシクイ | メイン | りっぱなヒゲ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/414-247fbc94

| メイン |