強風だけど
2015/02/22(Sun)
土曜も日曜も天気予報ではかなりの強風でした。しかし、陽射しはあるようなので、日曜(16日)はダメ元で県南の鳥の海に行ってみました。
日本では冬鳥のハジロカイツブリの群が、波を避けてるように漁港の中にいました。たまたまオオバンが手前を横切って行きます。

ハジロカイツブリ&オオバン150215
ハジロカイツブリ&オオバン(手前)

狭山丘陵でも多くが越冬する冬羽のカンムリカイツブリは1羽でいるようです。

カンムリカイツブリ150215
カンムリカイツブリ

頬が白いホオジロガモのオスも1羽でいるのかと思いましたが、よく見るとそばにメスもいました。ペアで避難してるようです。

ホオジロガモ♂150215
ホオジロガモ(オス)

ホオジロガモ♀150215
ホオジロガモ(メス)

ミコアイサのオスは1羽、港に避難することなく荒い波に揺られていました。

ミコアイサ150215
ミコアイサ

帰りに寄った名取市の海岸後背地の津波被害を受けた水田地帯には、ちょっと珍しいケアシノスリがいました。大陸北部から冬越しにこの地に来たようです。

ケアシノスリ150215b
ケアシノスリ

ケアシノスリ150215a
ケアシノスリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<爆発寸前 | メイン | ダイサギ定着?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/402-72e060e1

| メイン |