初冬の蒲生
2014/12/14(Sun)
7日、寄り道程度に蒲生干潟に寄ってみました。
目ぼしいガン・カモ類でもいないかと探すと、カモたちはそこそこ入っています。今いるものたちは、このままここで越冬するのでしょう。
オスでも派手さのないオカヨシガモが見られました。なぜかオス同士、メス同士とグループがはっきり分かれています。

オカヨシガモ♂141207
オカヨシガモ(オス)

オカヨシガモメス41207
オカヨシガモ(メス)

ハシビロガモは特大の口ばしで、盛んに水面の餌をすくい取るように食べていました。

ハシビロガモ141207
ハシビロガモ

ホシハジロは1羽、ポツンとしていました。赤い目が印象的です。

ホシハジロ141207
ホシハジロ

カモではありませんが、オオバンが水面の一箇所に集中して水中の餌を取っていました。

オオバン141207b
オオバン

草地を歩き回って餌を食べているオオバンもいました。

オオバン141207a
オオバン
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<仙台鳥納め | メイン | 冬の川の鳥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/389-5c87a0a1

| メイン |