秋の台原の生き物
2014/10/21(Tue)
10月になり、週末に2週連続で台風が上陸という前代未聞の天候でしたが、18日は絶好の天気に恵まれました。しかし、季節柄遠出をしても収穫はあまり望めないので、MFの台原森林公園でじっくり観察することにしました。
森を歩くと時折カラ類の混群に遭遇します。中にゴジュウカラが入っている群がありました。9月に出会ったゴジュウカラでしょうか? ヒガラも数羽が確認できました。果たしてここでこのまま越冬していくのでしょうか?

ゴジュウカラ141018
ゴジュウカラ

一番多く目にした蝶はウラギンシジミで、林縁の樹木にまとわり付くように飛んでいる姿をよく見ました。

ウラギンシジミ141018
ウラギンシジミ

草地にはヤマトシジミがチラチラ舞う姿もよく見られました。

ヤマトシジミ141018
ヤマトシジミ

モンキチョウのメスが、幼虫の食草のアカツメクサのまわりを舞ったり吸蜜したりしています。

モンキチョウ141018
モンキチョウ

一頃多かったイチモンジセセリはすっかり数が減りました。

イチモンジセセリ141018
イチモンジセセリ

アカトンボはアキアカネは普通に見られましたが、他の種は確認できませんでした。

アキアカネ141018
アキアカネ

水辺では少数のオオアオイトトンボが見られました。

オオアオイトトンボ141018
オオアオイトトンボ

成虫で越年する変わり者のトンボ、オツネントンボも草地に少数がいました。

オツネントンボ141018
オツネントンボ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<冬鳥到来 | メイン | 仙台でも渡りの小鳥>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/384-a0eb4b33

| メイン |