仙台でも渡りの小鳥
2014/09/30(Tue)
仙台でも渡りの小鳥が見られるだろうと思い、23日は台原森林公園に出かけました。
程なくカラ類の混群に遭遇しました。よく見るとヒガラが混ざっています。ここでは越冬してるものが見られますが、こんなに早い時期に現れるとは驚きです。山地から降りてきてこのまま越冬していくのでしょうか?

ヒガラ140923
ヒガラ

そしてさらに驚きはゴジュウカラです。越冬期でも滅多に見ませんが、やはり早々に山から降りてきたようです。カラ類の混群の構成種ですが、逆さ向きに木を降りるユニークな鳥です。

ゴジュウカラ140923
ゴジュウカラ

このカラ類と行動を共にしている渡り鳥がいました。コサメビタキは昨年秋も確認しており、北方や山地からやって来て南方に渡って行きます。

コサメビタキ140923
コサメビタキ

春の渡り時期にも確認できたセンダイムシクイも混ざっていて、やはり北方や山地から南方に渡って行く途中です。

センダイムシクイ140923
センダイムシクイ

キビタキはひょっとするとここで繁殖することもあるかもしれませんが、オス・メスとも見られました。たまたまカラ類の近くにいたような感じで、これも南方に渡って行きます。

キビタキ♂140923
キビタキ(オス)

この日は暗めの林の中でブレ写真の量産でしたが、キビタキのメスだけが良い所に出てきてくれました。

キビタキ♀140923
キビタキ(メス)
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<秋の台原の生き物 | メイン | 盛況! 秋の渡り>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/383-fbeac13b

| メイン |