沖縄八重山 -石垣島-
2014/09/21(Sun)
11日から12日にかけては、最後の島となる石垣島に滞在しました。
八重山ではシロチョウの仲間にも特産の種が多いのですが、今回はチャンスに恵まれず、撮影出来たのは唯一ウスキシロチョウだけでした。沖縄本島以南に生息する大型のシロチョウです。

ウスキシロチョウ140911
ウスキシロチョウ

コウトウシロシタセセリは林道脇のちょっと先の茂みにいました。でもハブが恐くて近づけません。他にも茂みに立ち入れば良い写真が撮れたのにと思うことが何度かありましたが、ハブの恐怖には勝てません。この蝶は八重山諸島以南に生息します。

コウトウシロシタセセリ140912
コウトウシロシタセセリ

迷蝶だったイワサキタテハモドキは、ごく最近石垣島では定着したようですが、いるところではかなりの個体数が見られました。

イワサキタテハモドキ140911a
イワサキタテハモドキ

イワサキタテハモドキ140911b
イワサキタテハモドキ

一風変わった石崖模様のイシガケチョウはゆっくり撮らせてくれました。分布域を北上させており、近畿以南で見られるようになっています。

イシガケチョウ140912
イシガケチョウ

残念だったのはアオタテハモドキです。きれいな蝶なので絶対写真に撮りたい蝶で、撮影は比較的堅いと踏んでいましたが、予想外に手強くボロの翅裏しか撮れませんでした。これも沖縄本島以南の蝶です。

アオタテハモドキ140911
アオタテハモドキ

活発に飛んでいたヤエヤマカラスアゲハも陽が陰ると、吸蜜に花にとまってくれます。文字通り八重山諸島に生息します。

ヤエヤマカラスアゲハ140912
ヤエヤマカラスアゲハ

本土ではマダラチョウの仲間はアサギマダラしか見られませんが、八重山では多くの種が見られます。この日もツマムラサキマダラが見られました。かつては迷蝶でしたが、今では沖縄本島以南に生息します。

ツマムラサキマダラ140912a
ツマムラサキマダラ(メス)

ツマムラサキマダラ140912b
ツマムラサキマダラ(オス)

石垣市の蝶であり沖縄の蝶のシンボルとも言える日本最大の蝶、オオゴマダラは見かけるもののなかなか撮影できずちょっとあせっていました。もうそろそろ空港に向かわなければという頃になってようやく撮らせてくれました。奄美以南に生息します。

オオゴマダラ140912
オオゴマダラ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<沖縄八重山 -鳥編- | メイン | 沖縄八重山 -西表島->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/379-f34a89ff

| メイン |