沖縄八重山 -西表島-
2014/09/19(Fri)
10日から11日にかけては西表島に滞在しました。
まず宿に荷物を置き、庭に出てみると、何頭かタテハモドキがいました。結構警戒心が強くてなかなか近づかせてくれません。一見、クジャクチョウの色違いのような感じですが、九州南部以南に生息します。

タテハモドキ140910
タテハモドキ

近くの民家の生垣まわりにはホリイコシジミがちらちら飛んでいます。ものすごく小さい日本最小の蝶の1つで、沖縄本島以南に生息します。

ホリイコシジミ140911
ホリイコシジミ

宿がある集落では、有毒のマダラチョウであるカバマダラがいました。鳥などが襲わないため、この蝶に擬態して捕食されるのを防いでいる蝶が何種かいるのはよく知られたことです。台風に巻き込まれてしばしば本土でも記録されますが、南西諸島以南の蝶です。

カバマダラ140910
カバマダラ

山裾に向かうと、タイワンクロボシシジミがよく見られました。アワユキセンダングサがあちこちで咲いていて、いろんな蝶たちが吸蜜に訪れていましたが、この蝶もよく来ていました。これは奄美以南の蝶です。

タイワンクロボシシジミ140910
タイワンクロボシシジミ

アワユキセンダングサの蝶をよく見るとアマミウラナミシジミも混ざっています。八重山地方には数種のウラナミシジミが生息していますが、最も普通の本種しか撮影できませんでした。南西諸島以南の蝶です。

アマミウラナミシジミ140910
アマミウラナミシジミ

時折クロボシセセリもやって来ます。以前は迷蝶で日本には定着していませんでしたが、今では奄美以南に見られます。南方の種らしく、幼虫はヤシ類の葉を食べます。

クロボシセセリ140910
クロボシセセリ

海岸近くではクロマダラソテツシジミがよく見られました。これも以前は迷蝶で日本には定着していませんでしたが、今では幼虫の餌である植木のソテツに付いて、各地に分布を広げており、数年前には関東でもかなり発生しました。

クロマダラソテツシジミ140910
クロマダラソテツシジミ
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<沖縄八重山 -石垣島- | メイン | 沖縄八重山 -竹富島->>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/378-344c833f

| メイン |