ちょっと遠い!
2014/08/29(Fri)
23日は蒲生干潟に寄ってみました。そろそろ北からやって来るシギ・チドリの秋の渡りの第一陣の時期ですが、パッと見あまり姿がありません。双眼鏡で対岸を覗くとちょこちょこ動いているのが見えますが、ちょっと遠くて識別できません。
それでも大きなオグロシギが1羽いるのがわかりました。繁殖地のシベリア等からやって来て、東南アジアや豪州に越冬のために渡っていきます。

オグロシギ140823
オグロシギ

干潟でのんびり待っていると、時々近くにやって来るものもいます。しかし、ここでは最も普通なキアシシギでした。

キアシシギ140823
キアシシギ

次いで来てくれたのはムナグロ。でも埼玉の内陸でも最も普通に見られるので・・・

ムナグロ140823
ムナグロ

上空には魚を狙うタカ、ミサゴが舞っていました。

ミサゴ140823
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<ウスバキトンボ | メイン | 残念 ― 夜の昆虫観察会>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/373-6bef2fac

| メイン |