カラスシジミ
2014/08/10(Sun)
3日は仙台市の山形県境近くにある二口渓谷に行ってみました。昨年の7月にも同じ場所を訪れ、それなりに蝶たちが撮影できたので、この日も期待をしていました。
ところが蝶たちはさっぱり姿を見せてくれません。自然度の高いブナ林をはじめ、落葉広葉樹林が広がった環境的には良好な場所ですが、いったいどうしたことでしょう。なんとシャッターを切ったのはクジャクチョウのみです。

クジャクチョウ140803
クジャクチョウ

打ちひしがれて帰りの車に乗り込み、エンジンをかけてふと前を見ると、ヨツバヒヨドリの花に小さな蝶がとまっています。もしやと思いカメラを持って近づくと、正しく今日の目標の1つ、カラスシジミです。
地味な蝶ですが、宮城県ではレッドデータブックに記載される希少種です。白い花で吸蜜するカラスシジミの写真が撮れたらいいなと思っていたので、最後に想像通りの場面が実現して、うれしい気持ちで帰ることができました。

カラスシジミ140803
カラスシジミ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<残念 ― 夜の昆虫観察会 | メイン | 夏のアゲハ類>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/371-d568a148

| メイン |