暑さを逃れて
2014/05/31(Sat)
全国的に記録的な暑さが続き、仙台も例外ではありません。5月最後の日、31日は少しでも涼を求め、標高の高い泉が岳に向かいました。
中腹の草原は陽射しは強いものの、程よく風が吹いて暑さはほとんど気になりません。虫を求めて歩いていると、ハルジオンで吸蜜している蝶がいます。ギンイチモンジセセリです。裏翅の後ろに銀色の一文字が目立ちます。

ギンイチモンジセセリ140531
ギンイチモンジセセリ

林縁にはサカハチチョウが見られました。複雑な模様の春型なので、逆さの八の字が少しわかりにくいでしょうか。

サカハチチョウ140531
サカハチチョウ

林の中の小さな流れには、トンボたちが見られます。水辺からあまり離れることのないニホンカワトンボがいました。

ニホンカワトンボ140531
ニホンカワトンボ

春、最も早くから成虫が現れるトンボの1つ、ヒメクロサナエも見られました。

ヒメクロサナエ140531
ヒメクロサナエ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<アナグマ | メイン | 晩春の虫たち>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/361-7bcb08d1

| メイン |