珍鳥2種
2014/01/13(Mon)
12日は帰京の折り、昨年から珍鳥が出ているという情報に埼玉県央に向かいました。
最初は川越市にヘラサギ狙いです。日本には大陸からごく少数がやって来ますが、埼玉県では40数年振りの確認だそうです。
随分前に新聞で報道されましたが、現地に到着するとまだ多くのバーダーがいて、すぐ目の前でヘラサギは堂々と餌を漁っています。捕った魚を上手に口の奥へ放り込みます。

ヘラサギ140112a
ヘラサギ

一通り餌を食べ終わると休憩時間です。やや人から離れたところに行き、のんびりしています。

ヘラサギ140112b
ヘラサギ

川越から川島町に入って、今度はオジロビタキ狙いです。これも冬季まれに大陸から日本にやって来る鳥です。
ポイントに着くと、いきなり私の目の前に小鳥が飛び出して来ました。わずか1m程の距離で、あっけないオジロビタキとの出会いでした。ヒタキ類特有のかわいい目をして、尾をよく上下に振ります。人を恐れず、数人のバーダーがいても全く平気で枝から枝へ飛び回ってました。

オジロビタキ140112b
オジロビタキ

オジロビタキ140112a
オジロビタキ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<黄色い鳥 | メイン | 初鳥見2014②>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/342-4ca4eb8a

| メイン |