ホシムクドリ
2013/12/13(Fri)
仙台は意外に穏やかな天候が続いています。
12月8日は蒲生干潟に出かけてみました。この日も遠くにダイゼンやハマシギが見えます。しかし、近くにはこれといった鳥が見られなかったので、周囲の池などを探してみました。
車で移動していると前方に数十羽のムクドリがいます。無視するつもりでゆっくりと通り抜けようした時、何気なく数m横のムクドリに目をやると、一瞬目を疑いました。そこには予想もしていなかった珍鳥の姿がありました。2羽のホシムクドリがいたのです。
あまりに近くて撮影できずにいると、ムクドリの群れと一緒に移動してしまいました。飛び去った先を探しているとムクドリの群れが見つかりました。そっと近づくとホシムクドリもムクドリと一緒に地上の餌を探していました。

ホシムクドリ131208b
ホシムクドリ(左)とムクドリ

名前の通り全身に星が散らばったような姿で、世界的には普通に見られますが、日本では少数が南日本に冬鳥として来るものの、宮城県では極めて珍しい鳥です。心の準備ができてなかったので、先週の世界的希少種クロツラヘラサギよりどきどきしてしまいました。

ホシムクドリ131208a
ホシムクドリ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<怒るオオタカ | メイン | 世界的珍鳥再び>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/337-4094d013

| メイン |