小春日和のシジミチョウ
2013/11/19(Tue)
小春日和の土曜日、東村山MFに出かけました。
やはり仙台とは違い、この時期でもいろいろ蝶が見られます。
秋になると見ることのできる南方系のウラナミシジミは、東村山でも成虫はもちろん全てのステージで寒さに越冬できずに死滅してしまいます。でも来年、また南の方から北上してきます。

ウラナミシジミ131116b
ウラナミシジミ

ウラナミシジミ131116a
ウラナミシジミ

暖地性の種ですが成虫越冬するムラサキシジミ。

ムラサキシジミ131116
ムラサキシジミ

成虫越冬はできないけど、暮は最も遅くまで、そして年明けは最も早く成虫が見られる蝶の1つベニシジミ。

ベニシジミ131116
ベニシジミ

コスモスにヤマトシジミが止まっていましたが、吸密のためではなく日向ぼっこが目的のようです。

ヤマトシジミ131116
ヤマトシジミ

公園を通りかかると、ここでは確認したことない鳥の声が聞こえた気がしました。よく探すといました。ホオジロです。この公園で見たのは初めてでした。

ホオジロ131116
ホオジロ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<快晴の空にタカ | メイン | 晩秋の仙台MF>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/332-5fd42ebe

| メイン |