猛暑!
2013/08/13(Tue)
土曜日は全国で記録的な猛暑となりましたが、仙台でも35℃を超えて炎天下は歩けない暑さでした。
日曜日はこれよりはマシという予報で、今シーズンの宮城の蝶のピークとしてラストチャンスの日程だったこともあり、頑張って出かけることにしました。
仙台市郊外の定義林道のブナ・ミズナラ林をターゲットに歩き始めます。沢筋にはミヤマカワトンボが見られました。

ミヤマカワトンボ130811
ミヤマカワトンボ

ブナが現れるとほどなくゼフィルスが目の前を横切り上方の木の葉にとまりました。斜面を登れば撮影できそうです。足場が悪く薄暗かったけどなんとか撮影成功。今まで姿は見てもどうしても撮影できなかったフジミドリシジミです。幼虫はブナの葉しか食べないのでブナ林でなければ会えない蝶です。

フジミドリシジミ130811
フジミドリシジミ

日当たりの良い林道沿いではヒョウモン類が各種見られましたが、翅の裏面がぼんやりした雲のような模様はクモガタヒョウモンです。

クモガタヒョウモン130811
クモガタヒョウモン

白いラインが漢字の八を逆さにしたようなサカハチチョウです。

サカハチチョウ130811

サカハチチョウ

やや標高の高い所に住むシータテハも見られました。

シータテハ130811
シータテハ

ミズナラが多めの場所ではこれを食草にするウスイロオナガシジミが見られました。名前の通り尾状突起が長めのシジミチョウで、これも初めての撮影でした。

ウスイロオナガシジミ130811
ウスイロオナガシジミ

ブナ林が優占するため、ブナ林を主な生息環境とするコエゾゼミがとにかくうるさく、元々少ない鳥の声がほとんど聞こえませんでした。

コエゾゼミ130811
コエゾゼミ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<今秋の干潟 | メイン | 再び泉ヶ岳>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/320-87103dce

| メイン |