2月半ばというのに
2013/02/17(Sun)
2月も半ばというのに、昨日の狭山丘陵は厳しい冷え込みに加えて強風が吹き荒れました。
午前中は武蔵村山で野鳥観察会、きれいなオスのルリビタキがサービス満点でした。
帰りに東村山MFに寄ってみました。今シーズンはMFのルリビタキ(オス)は全然サービスしてくれません。ところが今日は違いました。雑木林の中を歩いていると私の前に飛び出し、いつまでたっても飛び去りません。久しぶりにじっくり撮影も出来ました。

ルリビタキ130216
ルリビタキ

その近くにカラ類の混群がやって来ました。今シーズンは奇跡的にMFで普通に見られるヒガラやキクイタダキも近くに寄って来てくれます。ともに日本最小クラスの上、動きが素早く撮影は困難ですが、キクイタダキは頭頂の菊の一枚の花びら模様も撮すことができました。

キクイタダキ130216
キクイタダキ

地上を歩いてる鳥が目に付きました。冬はアカマツ林の林床を好むビンズイです。MFでは渡りの時期に見ることはありますが、コナラの林床でこの時期に見るのは初めてです。

ビンズイ130216
ビンズイ

夕方が近づいたのでお約束のクロジを観察して帰りました。今シーズン初めはバーダーみんな眼の色を変えていたほどの珍鳥だったのに、今ではお互いに無関心になってしまいました。

クロジ130216
クロジ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<たいけんの里野鳥観察会 | メイン | 東京の鳥は人見知りしない?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/293-0f511b0b

| メイン |