シジュウカラガン
2013/01/14(Mon)
3連休の中日(13日)はちょっと遠出をしてみました。宮城北部の湿地探索です。
まず、ラムサール湿地の化女沼を目指しました。湖面にはトモエガモやカワアイサ等がいましたが、あまりに遠くて撮影はできません。しかし、この日の目標シジュウカラガンは近隣に広がる水田地帯にいるはずです。
シジュウカラガンは極めて希少な鳥で、環境省レッドリストで最高ランクに位置づけられ、種の保存法に指定されています。探す目印は大きなマガンの群れですが、それ自体がなかなか見つかりません。ようやく探し当てましたが、膨大なマガンの中から、少数のシジュウカラガンを見つけるのは容易ではありません。あきらめかけた頃、ようやく数羽のシジュウカラガンを見つけました。でも遠すぎて写真になりません。警戒心が強く近づくこともできないまましばらく眺めていると、突然この数羽が飛び立ちました。ラッキーなことに比較的近くを飛んでくれたので、初めて撮影に成功しました。

shijukaragan130113
シジュウカラガン

次にやはりラムサール湿地の蕪栗沼に向かいました。途中小さなマガンの群れが車道脇にいくつかいましたが、大きな群れと違ってあまり警戒心はありません。マガンはこの地域では簡単に見れますが、環境省レッドリストに記載され、天然記念物になっています。

magan130113
マガン

蕪栗沼ではガン類やオオハクチョウが上空を飛んでいます。

ohakucho130113
オオハクチョウ

広大なヨシ原を探していると、枯れ木の先に丸いものがくっついています。何かなと思って双眼鏡で見てみると、思いがけずフクロウでした。コミミズクはいるかもと探していたんですが・・・・

fukurou130113
フクロウ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<大雪の後 | メイン | 仙台鳥初め>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/288-c7e5a433

| メイン |