大晦日の鳥見
2012/12/31(Mon)
今年は秋の渡り鳥の時期から、私がまだ東村山のMFでは撮影できてない鳥の情報がずいぶん入ってきました。しかし、悲しいかな仙台にいてはすぐに駆けつけることができません。秋の鳥は全て空振りに終わっていました。
冬鳥も今までにないメンバーが現れているという情報がありました。1日でも早く行かなきゃと思っていましたが、結局大晦日の今日、やっと行くことができました。

MFに着くとすぐ、冬鳥のジョウビタキのメスが迎えてくれました。

ジョウビタキ121231
ジョウビタキ

他にも鳥影は昨シーズンの不作と打って変わってたくさん見られます。
やはり冬鳥のシメはやや警戒心が強いようですが、他の鳥たちには強気です。

シメ121231
シメ

シロハラはもうあまり人を気にせず、絶対私に気付いてるはずなのにすぐそばの枝にやって来ました。

シロハラ121231
シロハラ

目当ての鳥のピンポイントの出現場所を聞いてそこに移動しました。私が着く直前に現れたようで、なかなかやって来ません。2時間程待ってやっと来てくれました。
ウソの小群です。MFでは相当前に声だけ聞いたことがありましたが、ようやく姿を確認、撮影できました。オスは頬が鮮やかに赤く、繁殖期は標高約1,500m以上の高地にいます。

ウソ121231
ウソ

少し遠かったけど、やはり高地から冬越しに来た青いルリビタキのオスも姿を見せてくれました。

ルリビタキ121231
ルリビタキ

日本最小のキクイタダキも久しぶりにまとまってMFに来たようですが、小さいうえに動きが早く、シラカシの葉陰でなかなか撮影させてくれません。

キクイタダキ121231
キクイタダキ

1つの目標をクリアしたので、また場所を移動します。
アオジがずいぶんたくさんいてすぐそばにもやって来ます。ところで下のアオジ、写真を見て気がついたのですが、右足に足輪がついています。私も昔経験がありますが、どこかで標識(バンディング)調査のため捕獲、足輪を装着されて放鳥された個体です。記号がわかればいつどこで捕獲・放鳥されたかわかりますが、残念ながらそれには再捕獲が必要です。

アオジ121231

さてもう一つの目標、アオジの親戚、クロジを待ちます。生息環境の藪の脇で待っていると程なく出てきてくれました。クロジも繁殖期は約1,500m以上の高地にいますが、常に藪を好みます。なので保護色なのでしょう、グレーの地色をしています。クロジは見つけにくいせいか、今までMFで見たという話すら聞いたことはありませんでした。

クロジ121231
クロジ

今年最後の鳥見は大きな収穫で締めることができました。
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<鳥見初め2013 | メイン | うーんっ!>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/283-78d4b168

| メイン |