最後にいろいろ
2012/12/25(Tue)
日曜日は天候も良く時間もあったので、ちょっと気合を入れて仙台MF森林公園を回ってみました。
そろそろ冬鳥もいろいろいるだろうと期待しながら歩くと、最初に湿地でセグロセキレイが餌を探しているのに遭遇。

segurosekirei121223
セグロセキレイ

この後、林の中に入っていきましたが、どこに行ってもさっぱり鳥が現れません。一通り林の中のコースを歩き終わりがっくりしてると、林縁からミソサザイの地鳴きが聞こえてきました。姿を見せてくれるのを祈って待っていると、ちょっと遠いもののよく見える所に出てきてくれました。

misosazai121223
ミソサザイ

日本最小の鳥の1つですが、その囀りは大変大きな美声で、冬枯れの山で真っ先に声を聞かせてくれます。ここには越冬に来るだけですが、私の最も好きな鳥の1つです。
ミソサザイが姿を消すとジョウビタキのオスが現れました。撮影していると、なんともう1羽オスが来てなわばり争いをしています。大陸から冬鳥としてやって来ますが、まだ冬のなわばりが確定してないのでしょうか。

jobitaki121223
ジョウビタキ

1羽を追っていると、林縁で何かを気にしています。どうしたのかなと思いよく見ると、高山から降りてきたルリビタキがいました。体の半分が葉陰に隠れていたので、移動して撮影しようとしたらジョウビタキに追われて行ってしまいました。

ruribitaki121223
ルリビタキ

最後の頃にいろいろ出てくれて満足して帰ろうとしたら、すぐ前にヒヨドリがいました。よく考えたら普通過ぎて、まだここでは撮影してなかったので、この日の締めで撮影しました。

hiyodori121223
ヒヨドリ
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<うーんっ! | メイン | 新着カメラのテスト>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/280-f483c63d

| メイン |