秋の干潟
2012/10/20(Sat)
先週の土曜13日、仙台のシギ・チドリの渡来地、蒲生干潟は秋の渡りのピークをとっくに過ぎて静かなものでした。
それでも2羽のアオアシシギを間近に見ることができました。
最初はなんとなく私を警戒して、私の移動に合わせて常に一定以上の距離をキープしながら、汀線で餌を探していました。

アオアシシギ121013b
アオアシシギ

そのうち危険がないと判断したのでしょう、比較的近くまで寄って来るようになりました。1羽はとうとう近くに座り込んでしまい、すっかり休憩モードに入ってしまいました。

アオアシシギ121013a
アオアシシギ

かなり風が強い日だったので、ダイサギ達がまるでタンチョウのダンスのように、向かい風を受けて優雅な動きをしていました。

ダイサギ121013
ダイサギ

上空には3羽のミサゴが現れ、ホバリングをしながら魚を狙っています。

ミサゴ121013b
ミサゴ

何回かダイビングを見せましたが、なかなか飛び込む瞬間は撮れず、なんとか海面から飛び上がる瞬間が撮れました。狩りには失敗したようでしたが・・・・

ミサゴ121013a
ミサゴ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<今年の冬鳥は? | メイン | MFのダイサギ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/270-4d37b843

| メイン |