盛夏の泉ヶ岳② -稀少な虫たち-
2012/08/03(Fri)
泉ヶ岳中腹には多様な環境があり、多くの虫たちが生息しています。
この日はレッドデータブックに記載される、数種の稀少な虫たちも見ることができました。
信じられないぐらい小さいトンボ、ハッチョウトンボが湿地にいました。全長2cm程しかないため、その気で見ないとアブかハチでも飛んでいるのかと見落としてしまいます。浅くて草が繁茂し過ぎない湿地の激減により、宮城県絶滅危惧種になってしまいました。公式には当地では絶滅とされているようで、確認できたのはラッキーです。

ハッチョウトンボ120728
ハッチョウトンボ

林道脇の葉の上にはヒメクロサナエが止まっています。成虫の出現期はもう終わろうとしています。これも宮城県絶滅危惧種です。

ヒメクロサナエ120728
ヒメクロサナエ

林の中の草地にはスジグロチャバネセセリがいました。食草が生育する山間草地の減少により、宮城県のみならず、日本全体でも絶滅危惧種に指定されています。

スジグロチャバネセセリ120728
スジグロチャバネセセリ

広々とした草原にはヒメシジミがいました。既に翅がかなり痛んでいます。山地草原の激減により、これも宮城県・日本全国ともに絶滅危惧種です。

ヒメシジミ120728
ヒメシジミ

稀少種以外にもいろんな虫たちがいました。
林縁ではハンノアオカミキリを見つけました。実物は写真より金青色できれいなんですが・・・

ハンノアオカミキリ120728
ハンノアオカミキリ

さかさまの八の字模様のサカハチチョウ、林縁ではジャノメチョウやトラフシジミも見ることができました。

サカハチチョウ120728
サカハチチョウ

ジャノメチョウ120728
ジャノメチョウ

トラフシジミ120728
トラフシジミ

鳥たちの声もこの時期にしては多く、クロツグミはすぐそばで囀りを聞かせてくれたし(葉陰でどうしても姿は見えなかったけど)、サンショウクイ・ノジコといった稀少な鳥の声を聞くこともできました。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(4) | トラックバック(0) | ▲ top
<<こんなに歩いたのに | メイン | 盛夏の泉ヶ岳① -ヒョウモン類->>
コメント
-  -
おはようございます!
少し北上すると関東地方では見られない
虫達が見られるのですね
ヒメシジミ ハンノアオカミキリ等いつも楽しみに
拝見しております
2012/08/07 07:01  | URL | あかね #yNKEkr8c[ 編集]
- Re: タイトルなし -
あかねさん、こんにちは。
仙台はやはり狭山丘陵あたりと違い、高地や北方系の虫たちに恵まれ、うれしい出会いもあります。
ただ、共通の種であっても出現時期が関東と違うので、なかなかよみが難しいです。
2012/08/08 18:51  | URL | ビーTN #-[ 編集]
- いいなぁ! -
ご無沙汰しています。
お盆は戻ってこられているのでしょうか?

ハッチョウトンボ、ハンノアオカミキリいいですね!!
狭山丘陵では見られない種で、なおかつ個人的にはぜひ
見てみたいと思っているので羨ましいです!
2012/08/16 11:42  | URL | hirokou #1ZnOE8vk[ 編集]
- Re: いいなぁ! -
hirokouさん、こんにちは。
仙台に来たおかげで、会いたいと思ってた生き物との出会いもありました。
これからも、宮城ならではの生き物たちにできるだけ会うことができればと思っています。
2012/08/19 18:53  | URL | ビーTN #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/261-d2a37d5b

| メイン |