梅雨真っ盛り
2012/07/14(Sat)
梅雨真っ盛りです。天気予報によると土日(7/7、8)も雨ということでした。
やはり土曜日は一日中雨。ところが日曜日は、朝起きると雨が上がっています。空はどんよりしていますがなんとかもちそうです。そこで、急遽JR仙山線で、仙台市の郊外の低山帯に出かけることにしました。
降り立ったのは熊ヶ根駅、地形図を見ながら適当に山道を歩いてみます。林道沿いにはオカトラノオやアザミ類が咲き、落葉広葉樹林もそこそこ見られます。環境的には期待が持てそうです。
脇を流れる沢にはニホンカワトンボがいました。

ニホンカワトンボ120708
ニホンカワトンボ

蝶がよく訪れる道傍のウツボグサでは、ウラギンヒョウモンが吸蜜していました。

ウラギンヒョウモン120708
ウラギンヒョウモン

そのすぐそばの葉の上では、メスグロヒョウモンが見られました。メスはヒョウ柄ではなく黒い色をしていますが、これはオスなので黒くはありません。

メスグロヒョウモン120708
メスグロヒョウモン

歩いているとマンサクの木がよく目についたので、もしやと思って気にしながら歩きます。すると、やっぱりいました。マンサクを食草とするウラクロシジミです。ゼフィルスの一種でオスの翅表は銀色に輝きます。夕方飛び交う姿は印象的です。

ウラクロシジミ120708
ウラクロシジミ

帰り道、駅の近くに差しかかると藪の中から大きな蝶が飛び出してきました。オオヒカゲです。日本のジャノメチョウの仲間では最大の種で、大きな蛇の目模様が目立ちます。仙台でこの夏必ず会いたいと思っていた蝶に会うことができました。

オオヒカゲ120708
オオヒカゲ
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<暑い! | メイン | 霧雨の中>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/257-d6fab8d8

| メイン |