大丈夫? モリアオガエル
2012/06/26(Tue)
天気予報では日曜日も晴れだったのに、全く晴れ間がありません。県境の山、仙山線の奥新川では時間と共に気温が下がり、雨もポツポツする始末です。
朝方は明るかったので、林道脇の草地にはクモガタヒョウモンも姿を見せてくれました。

クモガタヒョウモン120624
クモガタヒョウモン

葉の上にはカミキリムシに似ている、肉食のアオジョウカイもいました。

アオジョウカイ120624
アオジョウカイ

林道には水溜りがいくつもあり、その上に張り出した枝には白い泡のかたまりがくっついています。モリアオガエルの卵塊です。泡の中で孵化したオタマジャクシは、下の水溜りに落ちて行き、その水溜りで成長していくのです。ところが、半数程の卵塊は下に水溜りがない状態で、少々の雨では落ちたオタマジャクシは死んでしまいます。こんなに命中率が低くて彼らは大丈夫なのでしょうか?

モリアオガエル120624
モリアオガエル卵塊

天気が悪く、虫達はあまり姿が見えません。空が暗いためでしょう、お昼頃にアカショウビンの声を聞くことができました。
この記事のURL | 宮城の蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<カバイロシジミ | メイン | 街中のウラギンヒョウモン>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/252-40471097

| メイン |