茶色ばかり
2012/05/30(Wed)
土曜日は気持ちの良い晴れに恵まれました。それでも気温はさほど上がらず快適です。家事を済ませてぶらりと目の前、台原森林公園に出かけます。
公園に入ってすぐ、にぎやかな囀りが聞こえます。あの声はまさか。そう、特定外来生物ガビチョウです。

ガビチョウ120526
ガビチョウ

今までここでは聞いたことがなかったのにがっかりです。たまたま知り合った方によると、ここでは繁殖もしているそうです。仙台に来てからの半年、宮城や周辺の地域でも見聞きすることがなかったのに残念。
気を取り直して森を歩きます。
明るい場所で、しかも花で吸密するサトキマダラヒカゲがいました。暗い場所で樹液を吸ういつもの姿とギャップがあります。

サトキマダラヒカゲ120526
サトキマダラヒカゲ

森の中には同じくジャノメチョウの仲間、コジャノメがいました。

コジャノメ120526
コジャノメ

枝葉におもしろいものがいないかと探すと、イチモンジカメノコハムシがいました。触覚だけ出して、手足は甲羅のような鞘翅の下に隠しています。

イチモンジカメノコハムシ120526
イチモンジカメノコハムシ

同じく甲虫の仲間、ヒメシロコブゾウムシが葉の上にじっとしていました。

ヒメシロコブゾウムシ120526
ヒメシロコブゾウムシ

水路脇の岩の上では何頭かのカナヘビが日向ぼっこをしていました。爬虫類が岩やコンクリートの上で体を温めているのをしばしば見かけます。

カナヘビ120526
カナヘビ

この日の写真は、みんな茶色系統のちょっとじみなものばかりとなってしまいました。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<宮城の一押し | メイン | 県境の山へ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/246-558f944b

| メイン |