水浸しのMF
2012/05/05(Sat)
今日は1日、MFでたいけんの里の自然ガイドです。
3日間雨が続いたのでMFは水浸しです。低地にはあちこち水たまりができ、谷地形の道は川のようになっています。それでも、快晴で気温も上がったのでいろいろな生き物が出てきました。
田んぼや湿地ではトウキョウダルマガエルやシュレーゲルアオガエルが元気に鳴いています。雑木林では渡りの途中のキビタキやセンダイムシクイが囀っています。今が盛りのハルジオンにはいろんな虫たちがやって来ます。
鮮やかな空色のアオスジアゲハが吸蜜しています。

アオスジアゲハ120505
アオスジアゲハ

コチャバネセセリはこの日一番個体数が多い蝶だったかもしれません。

コチャバネセセリ120505
コチャバネセセリ

MFでは少ないトラフシジミ(春型)に会うこともできました。

トラフシジミ120505
トラフシジミ

スプリング・エフェメラルの1つ、ツマキチョウはもう間もなく姿を見ることはできなくなるでしょう。アブラナ科の花ではメスが吸蜜していました。とがったつま先と翅裏のマーブル模様が特徴的です。

ツマキチョウ♀120505
ツマキチョウ(メス)

オスが地面で吸水していました。オスはつま先がオレンジ色をしています。ツマキチョウが吸水するのは初めて見ました。

ツマキチョウ♂120505
ツマキチョウ(オス)
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(1) | トラックバック(0) | ▲ top
<<コサナエ | メイン | チュウシャクシギ>>
コメント
- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/06 17:02  | | #[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/242-24d894a1

| メイン |