チュウシャクシギ
2012/04/30(Mon)
シギ・チドリの渡りの時期なので、彼らに会いにさいたま市の荒川沿いの水田地帯に行ってみました。田んぼはもう水が引かれていて、何か来ているかと期待します。
毎年期待を裏切らないムナグロがちゃんと来てくれていました。ほとんどが夏羽で顔から胸、腹が黒くなっています。

ムナグロ120430
ムナグロ

車で丹念に田んぼを見て回ると、近くからホイピピピピとチュウシャクシギの声がしました。周りを探すと車の前の農道に2羽がいました。

チュウシャクシギ120430a
チュウシャクシギ

田んぼで餌を探した後は、畝で休憩をしています。ここには短期間しか滞在せず、繁殖地のシベリヤ方面に向かって行きます。

チュウシャクシギ120430b
チュウシャクシギ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<水浸しのMF | メイン | のどかな春の観察会>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/241-a26c2c7f

| メイン |