カラの混群?
2012/02/06(Mon)
4日土曜日の仙台は時折雪が舞う天気でした。雪の合間を見て、買い物を兼ねて台原森林公園にも行ってみます。
雑木林の斜面で小鳥達ががさがさと地上の葉っぱをひっくり返して餌を探しています。シジュウカラをメインにしたカラ類の混群です。
コゲラはさすがに樹上でしたが、カラ類が盛んに地上で餌を探す姿はあまり見ません。

シジュウカラ120204
シジュウカラ

ヤマガラが見つけたどんぐりの実をくわえています。

ヤマガラ120204a
ヤマガラ

両足で上手に押さえながら一生懸命つついています。

ヤマガラ120204b
ヤマガラ

さらに地上を見ているとアオジも一緒に餌を探しています。アオジがカラの混群にいるのは今まで見たことがありません。

アオジ120204
アオジ

しばらくしてカラの混群は移動して行きましたが、アオジはそのままそこで餌を探しています。どうやら偶然同じ場所で餌を探していただけだったようです。
雪が舞ってきたので帰り始めたところ、わずかに聞き覚えのある鳴き声が聞こえてきました。探してみるといました。正真正銘の冬鳥、ベニマシコ(メス)です。セイタカアワダチソウの種を食べていましたが、どうしても見上げの位置になってしまうので、空抜けの写真となってしまいました。

ベニマシコ120204

今シーズンはなかなか冬鳥に会えませんが、ようやく北方より渡来した冬鳥に会えました。
この記事のURL | 台原森林公園 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<厳冬のジョウビタキ | メイン | ちょこっと荒川>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/229-d55e0e18

| メイン |