ラムサール湿地のはしご
2012/01/17(Tue)
土曜日14日は、主に水鳥を守るためのラムサール条約に登録され、日本を代表する水鳥の渡来地である、伊豆沼・内沼に行ってきました。高校生・大学生だった時に来て以来、実に久しぶりの訪問です。
湖面や周辺の水田には、ここの目玉のたくさんのハクチョウやガン類が見えます。特にガン類には珍しい種類が混ざっている可能性がありますが、あまりに広く、そして数が多いので探しきれません。
結局圧倒的に多いマガンの他は見つけられませんでした。くつろいでいるマガンの中には、調査のための番号つきの首輪をしているものが3個体見られました。

マガン120114
マガン

JRも止まる強風の中、車から長時間出る根性もなく、伊豆沼には見切りを付け、昼過ぎには近くの別のラムサール湿地、蕪栗沼に転戦します。
ここでもマガンが多いのですが、一回り大きいガン、ヒシクイがたまたま近くを飛んでくれました。

ヒシクイ120114
ヒシクイ

ヨシ原のタカ、チュウヒはまばらに木の混じるヨシ原の上を度々ホバリングして狩りをしています。

チュウヒ120114b
チュウヒ

近すぎてファインダーで捉えきれないこともありました。

チュウヒ120114
チュウヒ

夕方、ヨシ原を眺めていると、なんとなく変なかたまりが目に付きました。双眼鏡で見てもなんなのかすぐにはわかりませんでしたが、草のかたまりではなさそうです。しばらく見ていると動き出しました。なんと初めて見るサギの1種、サンカノゴイです。見事にヨシ原にカモフラージュしていました。

サンカノゴイ120114
サンカノゴイ

環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅰ類で最高ランクに稀少とされていますが、主に夜活動する上にこの色柄ではいても見つからないといったところでしょうか。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
<<ミサゴ | メイン | ようやく鳥たちが>>
コメント
-  -
調査の為の首輪をしたマガン・・ブルーに見えるのが
首輪でしょうか?
どれも見たことのない鳥ばかり!!
サンカノゴイにいたっては名前も知らなかった
観察眼の素晴らしさに驚くばかりです
次回も期待しております!!
2012/01/17 19:52  | URL | あかね #yNKEkr8c[ 編集]
- Re: タイトルなし -
あかねさん、こんにちは。
はい、緑の首輪にナンバーが書いてあります。
でも、字が大きすぎて全体が見にくく逆に読み取れないんです。
サンカノゴイは最初鳥に見えず、一本角の妖怪出現?
と思ったぐらいです。
2012/01/18 12:25  | URL | ビーTN #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/224-e53bd529

| メイン |