GWの最後は
2011/05/08(Sun)
GWの最後は、軽くMFで締めることとしました。
雑木林は初夏の装いとなり、見られる蝶達も変わってきました。
ツマキチョウがアブラナの仲間に産卵しています。今シーズンはもう見ることもないでしょう。

ツマキチョウ110508
ツマキチョウの産卵

一方、ハルジオンでは吸蜜するセセリチョウが2種、今シーズン初めての出会いです。

コチャバネセセリ110508
コチャバネセセリ

ダイミョウセセリ110508
ダイミョウセセリ

林の中では暗いところを好むコジャノメが、やはり今シーズン最初の出会いです。

コジャノメ110508
コジャノメ

アゲハチョウは春先に比べてかなり多く見かけるようになりました。

アゲハチョウ110508
アゲハチョウ

ツバメシジミは最初に羽化した第1化のものが、次世代を残す準備にかかっています。

ツバメシジミ110508
ツバメシジミの交尾
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<トカゲ | メイン | さみしい多摩川>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/171-89530288

| メイン |