さみしい多摩川
2011/05/05(Thu)
厚く雲がかかった寒い一日でした。多摩川に鳥や蝶を探しに行ってみましたが、家を出る段階であまり期待できないなという感じです。
それでも川は人出は多く、あちこちにカワウ除けの細工もしてあって、サギ類はほとんど見ませんでした。
蝶もこの天候では、やはりさっぱり飛んでいません。
それでも昭島あたりでようやく1頭の蝶が飛んでいるのを見つけました。運良く目的の1つのミヤマチャバネセセリでした。

ミヤマチャバネセセリ110505
ミヤマチャバネセセリ

付近の草地を歩き回ってみるとあちこちからヒメウラナミジャノメが飛び出します。裏面は名前の通り細かい波模様があり、蛇の目の紋が目立ちます。

ヒメウラナミジャノメ110505a
ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ110505b
ヒメウラナミジャノメ

ヤマトシジミが草につかまっていました。寒さと暗さでもう寝てるかのように全く逃げる気配がありません。

ヤマトシジミ110505
ヤマトシジミ

今日見られた蝶はたったこれだけでした。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<GWの最後は | メイン | 水田地帯の鳥たち>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/169-e402baae

| メイン |