オオイチモンジ
2010/07/23(Fri)
出張で長野県北アルプスに行って来ました。
仕事の合間に長野県天然記念物の高山蝶オオイチモンジに会えないかと期待していました。
天気が良いので関東平野程ではないもののかなりの暑さです。そこで吸水にやって来る蝶たちを狙って水たまりに注意していました。
多かったのはシータテハです。翅の裏に「C」の文字がくっきり見えます。

シータテハ100720
シータテハ

コムラサキもよく見られましたが、きれいな翅表はなかなか撮らせてくれません。

コムラサキ100720
コムラサキ

せわしなくキバネセセリが吸水にやって来ました。

キバネセセリ100721
キバネセセリ

カラスアゲハも一度だけ吸水にやって来ました。

カラスアゲハ100721
カラスアゲハ

そしてやっとオオイチモンジが現われました。かなりボロくなった個体ですが、25年ぶりの再会です。生息域の最下限だったのでどうかと思っていましたがラッキーです。

オオイチモンジ100721a
オオイチモンジ(表)

オオイチモンジ100721b
オオイチモンジ(裏)

わずかに見られる花では、スジボソヤマキチョウが吸蜜していました。

スジボソヤマキチョウ100721
スジボソヤマキチョウ

草の間をちらちら舞うのは、ヤリガタケシジミ(アサマシジミ)かと思ったらヒメシジミでちょっとがっかり。

ヒメシジミ100720
ヒメシジミ

でも、仕事の合間にこれだけ見られれば満足です。
この記事のURL | 遠征・主に蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<アオバズク | メイン | 梅雨明け>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/118-642f39e1

| メイン |