梅雨真っ只中
2010/07/04(Sun)
毎日うっとおしい梅雨空が続きます。
「八国山たいけんの里」ガイドウォークのお手伝いに行きましたが、今の時期はキノコが主役です。あまりに多くの種・個体数が見られ、同行の諸先輩に教えていただくもさっぱり覚えられません。
森の中は静かです。昨年に続きキビタキが居着いているようで、時折きれいな囀りが聞こえます。
蝶はあまり見られませんでしたが、甲虫たちがそこそこ現われました。
先々週の土曜講座で見られたイチモンジカメノコハムシは、この日も成虫・幼虫とも見られました。黄色い体の幼虫は自分の糞を背中に積み上げて背負っています。成虫は驚くとカメのように頭や足を甲羅(?)の下に隠してしまいます。

イチモンジカメノコハムシ幼100703
イチモンジカメノコハムシ(幼虫)

イチモンジカメノコハムシ100703
イチモンジカメノコハムシ(成虫)

類縁種のジンガサハムシは、陣笠のような姿から名付けられ、美しく金色に光ります。

ジンガサハムシ100703
ジンガサハムシ

やはりハムシの一種、ヤマイモハムシは濃紺の体に赤い頭と胸のコントラストがきれいです。

ヤマイモハムシ100703
ヤマイモハムシ

変わった姿のヒメクロオトシブミも見られました。彼女らの作ったゆりかご(落し文)が所々にありました。

ヒメクロオトシブミ100703
ヒメクロオトシブミ

カミキリムシも何種かいましたが、撮影できたのはじっとしていたアカハナカミキリだけでした。

アカハナカミキリ100703
アカハナカミキリ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<メスグロヒョウモン | メイン | 土曜講座>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/115-7f514c84

| メイン |