ゼフィルス2010
2010/06/13(Sun)
MFにゼフィルス(西風の精=ミドリシジミの仲間)の季節がやってきました。
彼らは典型的な雑木林の蝶たちです。運が良ければ金緑色に輝く翅表が撮影できるかもしれません。
最初にミドリシジミを探しますがなかなか見つかりません。かなり粘ってようやくメスが現れました。しかし、2m余りの高さの梢の先で、足場も悪く近づくことができません。

ミドリシジミ100612
ミドリシジミ

ミドリシジミに見切りを付け、他のゼフィルスを探します。
林縁にオオミドリシジミのメスがいました。羽化して間もないのか動きがにぶく、たっぷり撮らせてくれました。

オオミドリシジミ♀100612
オオミドリシジミ(メス)

林の中の木漏れ日に、金緑色のきらめきが舞っています。葉の上にとまったところで近づくと、オオミドリシジミのオスがいました。すぐに飛び去ってしまいましたが、なんとか撮影成功。でも、写真ではなかなかうまく色が出せません。

オオミドリシジミ♂100612
オオミドリシジミ(オス)

比較的よく見られたのはウラナミアカシジミです。翅裏の波模様が結構派手です。

ウラナミアカシジミ100612
ウラナミアカシジミ

近縁のアカシジミも見られます。こちらはシンプルな模様です。

アカシジミ100612
アカシジミ

MFのゼフィルスで一番多いはずのミズイロオナガシジミは、ほとんどシャッターチャンスがありませんでした。撮影できたのも2m程の高さの木陰です。そもそもこの蝶とはなぜか縁がなくて、なんとこれがデジカメでは初めての撮影です。

ミズイロオナガシジミ100612
ミズイロオナガシジミ

今回は概ね一通りのゼフィルスに会えましたが、もう1種類ぜひ会いたかったゼフィルスがいます。それは次回のお楽しみとしておきましょう。
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
<<土曜講座 | メイン | 南アルプス-鳥編>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/113-cf43d380

| メイン |