スプリング・エフェメラル-花編
2010/04/25(Sun)
新潟の魚沼地方にギフチョウに会いに行ってきました。ところが、今年の豪雪の影響で山間部は予想以上に真っ白です。南から渡ってきたオオルリの囀りが聞こえ、サシバのペアも見られましたが、雪景色の中でこれらの夏鳥は違和感があります。日当たりの良い所ではギフチョウが吸蜜するカタクリも咲いているので、なんとかギフチョウが見られないかとあちこち探しまくりましたが、やはりこの雪では無理でした。
代わりに私をなぐさめてくれたのは、スプリング・エフェメラルの花たちです。蝶のスプリング・エフェメラルは、先日紹介しましたが、同じように春にのみ姿を現します。落葉広葉樹林で見られ、樹木の葉が茂る頃には花はもちろん、葉も消えてしまいます。
代表格はカタクリでしょうか。撮影したカタクリは花の中心がくっきり白く、まわりのものと違って目立っていました。

カタクリ100424
カタクリ

野生のアネモネ、キクザキイチゲもきれいな花で知られます。多くは白い花でしたが、薄紫の花も見られます。

キクザキイチゲW100424
キクザキイチゲ(白)

キクザキイチゲP100424
キクザキイチゲ(薄紫)

スプリング・エフェメラル以外では、ショウジョウバカマが目立ちました。やはり雪解け直後に咲く花です。
ショウジョウバカマ100424
ショウジョウバカマ

ギフチョウには会えませんでしたが、関東ではほとんどお目にかかれない花たちを見ることができたので良しとしましょう。
この記事のURL | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
<<渡りの鳥たち | メイン | まだ冬鳥>>
コメント
-  -
ご無沙汰いたしております
ギフチョウに会いに新潟に行かれたのですね
今年は雪が多くて予測しにくいのでしょうね
山一つ キクザキイチゲで色が変わるほどの
群生場所を教わりましたが行く機会がありません
残念!
2010/04/28 19:52  | URL | あかね #yNKEkr8c[ 編集]
- Re: タイトルなし -
こちらこそご無沙汰しております。
新潟のギフチョウには振られてしまいましたが、今度は連休中にヒメギフチョウに会いに行こうと思っています。
高速道路の渋滞がちょっと恐怖ですが・・・・。
2010/05/01 00:02  | URL | ビーTN #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://murayama2009.blog41.fc2.com/tb.php/100-29b13b79

| メイン |