MFの春の蝶
2017/05/11(Thu)
5日、東村山マイフィールドでまだ早春の蝶が見られるかと探してみました。しかし、すっかり初夏の陽気が続いてるせいか見当たりません。ようやく見つけたのはツマキチョウのメスでした。
幼虫の食草のアブラナ科のまわりを飛び、産卵するように腹端を花の付け根に接触させたりしていました。

ツマキチョウ170505b
ツマキチョウ

ツマキチョウ170505a
ツマキチョウ

草地にはハルジオンがたくさん咲いています。蝶たちはこの花によくやって来ます。大きなキアゲハも吸蜜します。

キアゲハ170505
キアゲハ

南方系のツマグロヒョウモンももう発生していて、これから秋遅くまで見られるでしょう。

ツマグロヒョウモン170505
ツマグロヒョウモン

よく見られたのはコチャバネセセリで、これからの時期小さいながらも活発な姿をよく目にするでしょう。

コチャバネセセリ170505
コチャバネセセリ

クロアゲハは葉の上で休んでいるのが見られました。

クロアゲハ170505
クロアゲハ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
MFのコサナエ
2017/05/07(Sun)
5日、暑くなったこどもの日は、東村山マイフィールドに出かけてみました。
3月には渇水状態だった林の水辺は水がたっぷりありました。入口の湿地には春のトンボ、コサナエが1頭見られました。市内では北川の源流部では比較的多くを見ましたが、ここMFでは初めての確認です。樹林に接するような池を好むので、MFでも繁殖してくれるとうれしいのですが・・・

コサナエ170505
コサナエ
この記事のURL | マイフィールドの蝶・昆虫 | コメント(2) | トラックバック(0) | ▲ top
メーンイベント
2017/05/05(Fri)
1日の多摩川源流部では、GWのメーンイベントとしてコマドリの他にもう一つ目的がありました。夏鳥として南方からやって来て、囀りは聞けても姿は簡単には見れないコルリに会うことです。
近くの藪の中で囀っていたので待ち構えていると、初めてまともにきれいなコルリのオスの姿を見ることができました。

コルリ170501a
コルリ

コルリ170501b
コルリ

コルリを追うように、アカハラも飛び出して来ました。

アカハラ170501
アカハラ

やはり夏鳥のキビタキのオスも見られました。囀りは聞けなかったので、まだ渡りの途中なのでしょう。

キビタキ170501
キビタキ

沢沿いにはキセキレイもいました。多くの鳥を撮影でき、充実した多摩川源流行となりました。

キセキレイ170501
キセキレイ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
日本三鳴鳥
2017/05/03(Wed)
5月1日、山梨塩山市の多摩川源流部に深山の鳥を探しに行きました。一番の目的は、美声を誇る日本三鳴鳥の1つ、コマドリに会うことです。
まだ冬枯れのような、高標高地の林道を歩き始めると、ヒガラやコガラが盛んに囀っています。

ヒガラ170501
ヒガラ

ちょっと遠い所で、木の幹をキバシリが餌を探しながら登っていました。滅多に見ることのない鳥なのでうれしい出会いです。

キバシリ170501
キバシリ

標高が高くなると、クロジの囀りも何か所かで聞こえるようになってきました。

クロジ170501
クロジ

そして、いよいよ日本を代表するコマドリの美声が近くで聞こえるようになってきました。姿を見せてくれるのをじっと待ちます。待つことしばし、ササ藪から待望の華麗なコマドリが現れました。遠路、早朝からの出陣が報われました。

コマドリ170501b
コマドリ

コマドリ170501a
コマドリ
この記事のURL | 遠征・主に野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |