八国山たいけんの里 -野鳥観察会-
2017/02/27(Mon)
25日、毎年恒例の東村山市八国山たいけんの里の野鳥観察会が開かれました。公報等で募集し、今年も20名の定員いっぱいとなり感謝です。
天気にも恵まれ、MFの八国山・北山公園を2時間半かけて歩き、22種の野鳥を観察することができました。アトリ・モズ・アオゲラ等は特にサービス満点で、児童からお年寄りまでみんながフィールドスコープでアップの姿を堪能し、感動してもらうことができました。

アオゲラ110319r
アオゲラ
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
ウミスズメ
2017/02/26(Sun)
24日、宮城の石巻沿岸に行く機会があったので、運良くウミスズメにでも会えるといいなと思って漁港を覗いてみました。やはり、スズガモ、キンクロハジロやせいぜいカンムリカイツブリぐらいしかいません。
チラ見程度の時間だったので、こんなもんだろうなと帰ろうとすると近くの漁船の陰にちょっと違う鳥が見えたような気がしました。もしやと思って探してみるとなんとホントにウミスズメで、海上で暮らす彼らには普通ではあり得ない距離の近さです。しかし、千載一遇のチャンスに持ち合わせていたのは、望遠ではまるで無能なコンデジFUJI Fine Pix HS30EXRです。環境省レッドリストでも最上位にランクされる鳥なので、撮れただけでも良しとしましょう。

ウミスズメ170224
ウミスズメ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
いろいろ出てくれたけど
2017/02/21(Tue)
18日、スッキリ晴れたものの結構強い風が吹いていて、覚悟の上で県北のラムサール湿地蕪栗沼に向かいました。
マガンの北帰行は始まっていて、到着するまでに見かけるマガンの数も激減してる感じです。

マガン170218b
マガン

マガン170218
マガン

到着してみるとやはりかなりの強風です。餌を探すヘラサギも背中の羽が風にめくれています。

ヘラサギ170218
ヘラサギ

遠くのヨシ原に世界的希少種ソデグロヅルがいました。しかし、いい所には出てこないうえに距離の遠さと強風でまともな写真はあきらめです。親子3羽で、左のオレンジの背中が幼鳥です。

ソデグロヅル170218
ソデグロヅル

遠くのヨシ原に浮き上がったチュウヒが、こちらに向かってやって来ます。

チュウヒ170218b
チュウヒ

比較的近くを横切って行きました。

チュウヒ170218a
チュウヒ

日没が近づき、ハイイロチュウヒのねぐら入りの時間になりました。最初にメスがやって来ました。しかし、もう暗くて遠くて・・・

ハイイロチュウヒ♀170218
ハイイロチュウヒ(メス)

しばらくしてオスも帰って来ました。

ハイイロチュウヒ♂170218
ハイイロチュウヒ(オス)

いろいろ希少種が出てくれた割には、これといった写真が撮れず、なんとなく消化不良で終わった感じです。
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
久々海沿い
2017/02/14(Tue)
11日、宮城県南の亘理町から仙台まで沿岸地域を北上してみました。
亘理町の鳥の海では、海鳥など珍しい鳥が紛れ込んでないかと期待しました。すると1羽のクロガモのオスが直近に。海洋性のカモなのでここまで近いことはそうはありません。盛んに潜水をして餌を食べていました。真っ黒だと思ってたクロガモの顔は、かすかに白点が見られます。

クロガモ170211
クロガモ

水田地帯を通り、仙台に入ると冬鳥のミヤマガラスの群れがいました。その中に小さなコクマルガラスがわずかに混ざっています。成鳥説がある黒白の淡色型のそばに近づき過ぎると、黒い暗色型のコクマルガラスが怒られていて面白い光景でした。

コクマルガラス170211b
コクマルガラス

コクマルガラス170211a
コクマルガラス

人造湖を覗くと水際に2羽のシギがせわしく採餌をしていました。よく見ると比較的珍しいオオハシシギでした。

オオハシシギ170211
オオハシシギ
この記事のURL | 宮城の野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
イカル
2017/02/06(Mon)
2月5日は、東村山市内小学校の土曜講座で、MFで野鳥観察を行いました。
途中、予報通り雨が降り始め、雑木林はあまり歩くことができませんでしたが、鳥たちはゆっくり観察することができました。
中でも目玉はイカルです。MFでは珍しく10羽程の群れが入り、みんなの目の前でたっぷり姿を見せてくれました。白い体に大きな黄色い口ばし。エノキの実をパチパチ音をたて割って食べている様子は、児童たちにも強く印象に残ったと思います。

イカル170205
イカル
この記事のURL | マイフィールドの野鳥 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▲ top
| メイン |